エンジンオイルの点検による確認と選び方(1)

男の雑学

ここではエンジンオイルの点検・確認方法とエンジンオイルの選び方についてご紹介します。

男の雑学

(1)エンジンオイルの点検による確認方法

エンジンオイルは、エンジン内のピストン運動時の磨耗を軽減し、またエンジンを錆や汚れから保護する、大変重要な役割をもった潤滑剤です。

行きつけのガソリンスタンドやカーショップで定期的に点検してもらうのも良いですが、エンジンオイルの量や汚れの確認くらい自分で出来るようになりたいなぁ、と思っている男性は結構多いといいます。

やってみるとエンジンオイルの点検はわりと簡単です。

用意するのはウエスだけ。ウエスとは機械類の油を拭き取ったり、汚れ・不純物などを拭き取ってきれいにするために用いる布で、カーショップなどで安く売っていますし、ご家庭にあるボロ布などを代用しても構いません。

まず車は平坦な場所に停めておく必要があります。

そしてエンジンを暖めます。停まっていた場合は暖機運転をしましょう。

エンジンが暖まったら、エンジンを止めて油面(オイルの表面)が安定するまで待ちます。5分程度が目安です。

さて、次にいよいよ点検です。

ボンネットを開けて、オイルレベルゲージの取っ手を探しましょう。

オイルレベルゲージは、色々と種類がありますが、基本的に分かりやすい場所にあるはずです。

形状は掴みやすいハンドルレバーのようになっていてオイルポットの絵が描かれていたり、ENGINEと書かれていたりするタイプと、指を入れる輪っか状になっているタイプに大別できます。

オイルレベルゲージの取っ手を見つけたら、まっすぐ引き抜いてみましょう。ロックなどはされてなく、単純に引っ張れば抜けるはずです。

取っ手の先に、レベルゲージの本体である金属の棒がありますね。

最初はレベルゲージ部分(取っ手から先の金属部分)がオイルまみれのはずですので、ウエスで拭き取ってキレイにしましょう。

キレイな状態になったら、ちょっとゲージ部分を見てください。メーカーによって違いはありますが、ラインが2つ、もしくは穴が2つ、または切れ込みが2箇所、いずれにせよ「ここから、ここまでの範囲が適正」という目印があるはずです。

では、キレイになったレベルゲージを一旦元通りに、しっかり根元まで差し込みましょう。

そして再度引き抜いて、オイルの付着が目印の範囲内にあれば、オイルの量は適正ということです。

ただし、その範囲の低い方に近い場合は、補充(もしくはオイル交換)を急いだ方が良いでしょう。

補充するか、交換するかは、前回オイル交換をしてからの走行距離か、オイルの汚れ具合を見て判断できます。

走行距離の場合は5,000kmから10,000kmが目安で、古い車ほど早めの交換を心がけた方が、結果的に長く乗れて経済的でしょう。

汚れ具合で判断する場合は、適正量の確認をした後のオイルが付着したオイルレベルゲージのオイルをウエスのキレイな部分が、ペーパータオルなどに一滴垂らして、その色で判断します。

適切な判断をするには、結構経験が必要ですが、茶色のスラッジ(錆などの汚れ)を中心に円周に透明に近いオイルが広がるようであればまだ大丈夫です。オイルが真っ黒の場合は急いでオイル交換をしましょう。

はじめの内は自分で判断した後、ショップなどでも確認してもらって、その判断が正しかったかどうか点検してもらいう、などという経験を積みましょう。


(1)エンジンオイルの点検による確認方法
(2)エンジンオイルの選び方