初心者のキャンプ用品の選び方(2)

男の雑学

初心者のキャンプ用品の選び方をご紹介します。

男の雑学

(2)キャンプ用品選びのポイント

それでは主なキャンプ用品の選ぶ際のポイントを簡単にご紹介します。


■テント

テントには先にもご紹介したとおり「ドームタイプ」と「オーナーロッジタイプ」があります。

お手軽派には「ドームタイプ」、長期滞在でゆったりしたい場合「オーナーロッジタイプ」と考えて差し支えないと思います。

この辺はどちらも体験して決めるのがベストです。

テントの広さは「予定人数プラス1名」のサイズを選ぶと、ある程度の余裕があって使い勝手がよいです。

オーナーロッジタイプを選ぶ場合は、収納時の大きさや重量をチェックし、車のトランクに積み込めるか、なども確認しなければなりません。

■タープ

タープとは、日差しを防ぐための道具で、大きな布と2本のポール、数本の紐で構成されています。

ひし形の布の「ウイングタープ」は設営が簡単で、大型のタープによく見られます。

六角形の布の「ヘキサゴンタープ」は風に強く、小型のタープによく見られます。

選ぶ際のポイントは、グロメット(布の紐を通す穴の部分)の補強具合です。

たるみを取るためには紐を強く引く必要がありますが、グロメット部分が貧弱だと傷んでしまうからです。

グロメット部の布地が二重、三重の構造になっていて、その周囲の縫製もしっかりとできているかどうかが重要ですし、グロメットの数は多い方が融通が利いて便利です。

■シュラフ

シュラフは寝袋のことです。

シュラフには「封入タイプ」と「マミータイプ」があります。

「封入タイプ」は内部も広くゆったりとした寝心地ですが、保温具合からするとマミータイプには劣ります。

また、サイドジッパーを開くと布団のように広がりますので、暖かい時期のキャンプなどでマット代わりに使ったり、ブランケットとして使ったりと使い勝手がよいです。

一方「マミータイプ」は人が中に入って寝ることに特化したシュラフですので、カラダにフィットし、高い保温性があります。

寒いシーズンのキャンプには欠かせないといえます。

理想は人数分のマミータイプに、予備として封入タイプが1つか2つあれば万全でしょう。

■バーナー

キャンプ用のバーナーは、燃料をガソリンとするタイプと、ガスカートリッジのものがあります。

ガスカートリッジのタイプの中には、家庭用のポータブルコンロのカートリッジが使えるタイプもあります。

火力でいうとガソリンタイプですが、安全性やお手軽度でいうと、初心者の方にはガスカートリッジの方がオススメできます。

また、シングルタイプ、マルチタイプ(2バーナー、3バーナーなど)があります。

キャンプに参加する人数を考慮して選ばなければなりません。

だいたい2バーナーで3、4人分の調理と考えてよいと思います。

どんな料理をどういう調理法で行うかなどを検討して決める必要があります。


他にもキャンプ用品は色々ありますが、今回はこの辺で。

(1)一気に買い揃えないようにしよう
(2)キャンプ用品選びのポイント